復讐

*この物語はフィクションです。

ようやく此処まで来た。
長い道程だった。

俺は大事な妹を奴に殺された。
警察は未だに犯人が分からず、謎の未解決事件として処理された。
だけど俺は妹を殺した犯人を知っている。
証拠なんて無い。
手掛かりなんて残す筈がない。
銀髪のあいつは――

俺は奴に復讐しようとしている。
もう、俺はどうなっても構わない。


07/03 22:06

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

まだありません

文字サイズ+2 文字サイズ-2 アンダーライン 取り消し線 文字色[カラーパレット] 絵文字入力 リンクタグ

name:
message:

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Category

Search

rss
rss2

QRコード