お前は死ねない

*この物語はフィクションです。

「ひとつ、いい事を教えてやろう。」
ギンは俺に言う。
「お前は死ねない身体だな。」
意味が、分からない。
「どういう、事だ。
さっきから意味不明な事を言うな。」
俺は言い放つ。
「証明してやろう。
失望させるなよ?」
ギンはあの生理的に受け付けない笑いを浮かべた。


07/09 14:39

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

まだありません

文字サイズ+2 文字サイズ-2 アンダーライン 取り消し線 文字色[カラーパレット] 絵文字入力 リンクタグ

name:
message:

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Category

Search

rss
rss2

QRコード