No,rule.

*この物語はフィクションです。

一瞬、何が起きたのか分からなかった。
ギンは俺に強烈な蹴りを喰らわした。
気付いた時には、右の横腹に鈍い痛みが走っていた。
「っ、!」
声にならない声。
「ほぅ、自ら身体を引いて、巧く急所を避けたな。」
何を言っているか理解出来ない。
ただ、自分の目の前にいる銀髪の男は、俺に殺意を持っている事だけは、何となく分かる。
「何、故。」
何故俺に攻撃するのだろう。
彼は、
ギンは何が目的なのだろう。
「目を醒ませ。
『本当の』我妻 鏡嘩よ。」


07/09 18:52

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

まだありません

文字サイズ+2 文字サイズ-2 アンダーライン 取り消し線 文字色[カラーパレット] 絵文字入力 リンクタグ

name:
message:

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Category

Search

rss
rss2

QRコード