暴走

*この物語はフィクションです。

「っぁぁあ!」
俺はパニック状態に陥っていた。
ギンを殴り飛ばし、言う。
「五月蝿ぇ。黙れ。」
ギンは俺の呟きを聞いて、大声で笑った。
「ハハハハハ!そうだ。
それがお前の、我妻 鏡嘩の本当の姿さ。」
ギンの唇は、殴られた時に切れて、血が流れている。
「五月蝿い。」
俺の暴走は止まらない。
ギンを蹴り上げ、殴り飛ばし続ける。


07/10 10:48

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

まだありません

文字サイズ+2 文字サイズ-2 アンダーライン 取り消し線 文字色[カラーパレット] 絵文字入力 リンクタグ

name:
message:

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Category

Search

rss
rss2

QRコード