他人事

「助けてくれ!!お願いだ!!…おい、無視しないでくれよ!?」

懇願は風に流され消えて行く。
時間に追われて走る街、人。
人ごみに流されて、それでも男はなお周りの人々に話し掛ける。
だが男の願いは叶えられることなく。

「お願いだよ!!******人犯に追われているんだ!!聞いてくれよ!?」

男はとおりすがったスーツ姿の男に懇願する。
しかし、スーツ姿の男は鬱陶しそうに男を邪険に振り払うだけだった。

「なんで…なんで俺がこんな目に遭わなきゃいけないんだよ…!!」

膝から崩れ落ちる。
心底悔しくて、男はコンクリートの床を叩く。
行き場のない怒りと、底知れぬ絶望感。
ふと、背後から足音と声が聞こえた。

「それは私のセリフなんだがね」

「あ?」

男は振り向いて、視線を少し上へと向ける。
その顔は少しだけようやく自分の話を聞いてくれる人物が現れたという喜びに満ちていて。

「あ、あうあ…あん、あん、た…誰?」

男の目の前に立っていたのは黒い特攻服姿の奇妙な格好の若い男だった。
特攻服姿の男は苦虫を噛み潰したかのような表情を露骨に浮かべてただ目の前の男を見下ろしているのだった。

「私を定義するものは何も無いが、人間の世界で言うところの死神という奴です」

「はひ!?」

「ああ、別に死神と言ってもあなたの魂を喰らうとか野蛮な真似はしません。一応、紳士なんで」

特攻服姿の男は興味なさそうに説明する。

「さて、私がここに来た理由ですが。あなたは何故、そんなに助けを求めるのですか?」

「何でって…******人犯に追われているんだよ!!政治家の俺を消そうとしている奴らが居るんだ!!だから…」

「ほほう」

「他人事かよ…!!なあ、あんた死神だろ?助けてくれよ!!」

「却下」

特攻服姿の死神は政治家の男の懇願をバッサリと切り捨てる。

「1、あなたは既に死んでいる。2、あなたは死んだ時の記憶をなくしている。3、あなたはそうして生者に助けを求めている。4、大半の生者は死者の声など聞こえない見えない。5、そうして私がそんな死者の魂を事務的に処理する為に呼ばれて来た。6、よってあなたの願いは叶う叶わない以前に無駄。Do you understand?」

「そんな…ひどい…」

「ひどい?あなたはその口でよくそんな事が言えますね。大震災で家や家族を失った人々の悲鳴や苦しみ、支援や懇願を顔色ひとつ変えずにそう、それこそ他人事のように無視し、それどころか増税で国民の生活を苦しめ、不幸に陥れただろう?違うとは言わせないですよ」

「今更………して…どうしてそんな他人事なんだよ!?あんたは…それでも人間か!?」

「いいえ、違いますよ」

特攻服姿の死神は鎌を振りかぶる。
そして、一言。

「私は、死神です」

END.


05/17 20:03

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

板ばさみのジレンマ

「人間、ストレスで死ぬこともあるんだね」

死者はどこか遠い目をして呟いた。

「そりゃ、そうだろうね」

死神Navy(ネイビー)は頷いた。

「僕はね、俗に言う中間管理職ってやつだったんだ」

死者は淡々と独白する。

「上司から怒られ圧力をかけられ、部下からは突き上げられる。上から下からの板ばさみでさ。自分でも気付かないくらいのストレスを溜め込んでいたんだね。死ぬときはあっさりだ」

「何か未練はあった?」

「うーん…そうだなあ…ひとつだけやりたかったなぁ」

「何を?」

「上司はね、出来もしないノルマをいつも僕たち部下に押し付けてたんだ。だから、一度だけ。思い切り辞表を叩きつけてやりたかったなぁ」

「ふふっ…誰でも一度は考えることだね」

「ねえ、死神さん。君だったらどうする?」

「どうする、とは?」

「上司から出来もしないノルマを課せられた時さ。来世のために聞いておきたいと思ってね」

「そうだな…私なら」

死神Navyはふと空を仰ぐと答えた。

「上司から出来もしないノルマを課せられた時、『他人に死ねと言われたら死ねるんですか?』と聞くね」

「禅問答みたいだね?どういう意味だい?」

「他人に死ねと言われたら死ねるんですか?と聞かれて『死ねる』と答える人間はまあいないだろうね。もしいるなら会社の屋上に連れてって死んでみせろと背中を押すね」

「死神さんは怖いなぁ。じゃあ、『死ねない』と答えた場合は?」

「簡単なことさ。『自分で出来もしないことを他人に押し付けるな。あんたの課すノルマは死ねと言ってるようなものだ』と返してやればいいのさ」

死神は乾いた笑いを浮かべた。


END.


10/15 18:23

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

安全神話

※この物語はフィクションです。
実在の事件・個人・団体とは一切関係がありません。

【K新聞ニュース速報より】
K市K区の路上で深夜、××良太さん(15)が******害された事件で、××さんの体には、背中にも複数の刺し傷があったことが7日、H県警K署捜査本部への取材でわかった。
県警は、逃げる××さんを男が執拗に追いかけて背後からも襲った可能性もあるとみて調べている。
また、大半の傷は刃物で突き刺されたものだったことも分かった。
司法解剖の結果、死因は首を刺されたことによる失血死。
捜査本部などによると、頭頂部に切りつけられたとみられる傷があったが、その他は、いずれも突き刺した傷だった。
致命傷となった首の刺し傷は深さ8〜9センチまで達していた。

××さんと一緒にいた女性(14)は、犯人の男について20〜30代で小太りだったと話しているという。
捜査関係者によると、男は事件直前、××さん、女性と向き合うように道の反対側に座っていたが無言で近づき、座った状態の××さんに、刃物を振りかざしたという。
××さんは少女に「逃げろ」と促した後、男に襲われ、横断歩道まで約90メートル逃げたところで力尽きたとみられる。

【某巨大掲示板より】
・執拗に追いかけてるのはマスゴミの方では?
そりゃみる側としては、真相とか犯人とか知りたい事はいっぱいあるかもだけど。
今朝もスマートフォンなどの特集と共に様々なチャンネルで話をされてたよ。

・******人事件
なんかケータイ小説のような話だね。
男の子の勇気、彼女守ろうと必死だったんだね…
いやーテレビでも新聞でも携帯でもこの話読むだけで…(泣)御冥福をお祈りします。

・マスコミ…マスゴミだな
感動した。
刃物持った人間相手に逃げろ!なんていって彼女守ることできないよ。
本当にご冥福お祈りします…ってな感じで見てたけど、矛盾点多いなぁって感じ。

・気の毒に
何とも痛ましい事件。
結局犯人が捕まっても、心神耗弱とか精神疾患とかで罪が軽くなるんだろう。
そういうケースは一番のやられ損だ。
心の病は恐ろしい。

・美談じゃね?
亡くなったから美談になっているだけで、存命の場合は「DQN同士のイザコザ」で3面記事を飾るケースなんじゃないかな?

・カップルに嫉妬したのか?
犯人はこのカップルに嫉妬したのか?
刺******された男の方が彼女とのお付き合いのことをブログに、結構詳しく書いていたり、写真とかのせてたらしいからなぁ。

・遅くない?
夜遅くないですか?親は黙って容認していたのですか?私も小学生の頃から家に帰らずさ迷ってましたが。

・ニュース
「深夜出歩くくらいちょっとやんちゃなだけで別にいい」とかいう人がいますが、こうして被害者が出たんだからいい加減気づいたほうがよろしいのでは?

・仮に自業自得だったとしても
捜査段階で「自業自得だ!」と声高に叫んでる人達はなんなんでしょうね。

・多くは語らない
ネットで調べたこの2人の写真と献花されてる花やらお供えやら…確かにお世辞にも「真面目な子でした」とはいえないと思う。
けれどこの子を非難する気持ちにもなれない。

・違和感
通り魔、逆恨み、返り討ち、色々な可能性がありますが、ただ一つ言えることは、夜中に人気のないとこにふたりっきりは、ねぇ。

・無題
いろいろな人の日記を拝見したけど、結局みんな自分の正義を押しつけてるだけだのぅ(俺もかな)

・ニュースより
いろんな人の日記を読んでいると、「中高校生が出歩く時間じゃない」とか「献花してある所に煙草が供えてある」という内容が多々目についた。

・ニュース
酒タバコ金髪女 中3なのに可愛くない夜中に自販機の前にタムロバイク乗り回し結構悪いことしてたみたいだしほんとに無差別だろうか

・ゆとり社会
******しはイカン。******しは…。確かに被害者の彼は近所でも不良で問題だったそうで…でもそれはその彼らをそうせざるを得なくなった周囲の環境もあると思う。

・無題
現代日本人の考え方が、極めて顕著に表れてる。書き込みを見て評価しただけやけど…当事者に近い年齢の人間、考え方が薄っぺらい。teenagerの浅はかな考え方に呆れる。

・死人に口なし
被害者を擁護する人、批判する人。更にそれらを批判する人。思う理由は様々だろうけど、惨******された少年を面白おかしく批判する事が出来るのは、他人の特権だよね。

・この報道に違和感を感じる
犯人は許せないし、事件も許せない。しかし、学生がこんな時間まで何しとんねんと思った。個人的には被害者及び少女の素行も影響していると思いますよ。

・すごい反響
色々な意見はすでに出尽くしている感がありますが…。 しかし、一番怖い事実は、こんな事件が起きてもなお周辺も世間も何も変わらなさそうなこと。

・近所の無関心
真夜中でもなく声を聞いたと平然とTVに出るおばはんもいるなぜ誰もたすけなかったのかどんだけ興味うすいんだ?住宅街だろ?

・深夜徘徊って言葉を知ってるか?
夜中は人の目と言う最大の抑止が無くなるからな仏さんには悪いけどこういう事が起こるってのを世のお子様は覚えておくべき。

・この人
夜の10時過ぎに出歩いてたんだ…。学生が。バイト帰りとかもあるかもしんないけど、学生は10時に出歩いちゃダメだろ。

・無題
まあ、ひきこもって部屋にいれば一番安全だよねー(プークスクス)



飛び交う情報と他人の憶測。
ねじ曲がった偽善者と悪意しか存在しないネットでの世界。

「日本の安全神話はとっくの昔に崩壊してるさ…」

死神、Navy(ネイビー)はPCの電源を落とすとそっと立ち上がった。
まるで詩か歌を口ずさむかのように独り言を垂れ流し続ける。
そこに善意も悪意も偽善も偽悪も何の意味も存在しない。

「一歩外に出るのも命をかけなければいけない。安全なんて何処にも無い」

死神はふわりと空を飛ぶ。
目的地は、PCで某巨大掲示板を見るのが大好きなひきこもりの青年の部屋。

「ひきこもって部屋にいれば一番安全…か。果たしてそれは本当に安全と言えるのか?」

ぐにゃり。
死神は歪んだ笑顔を満面に浮かべる。

「私はね、人間がとても好きで人間がとても嫌いだ」

だから。

「好きな人間は死ぬまでいじめたくなるし、嫌いな人間は散々苦しめて******してやりたくなる」

【まあ、ひきこもって部屋にいれば一番安全だよねー(プークスクス)】

「その固定観念にかられた安全神話を粉々にぶち壊してあげようじゃないか」

天災、事故、という形で。


その日、阪神大震災並みの地震が起きた。
PCで某巨大掲示板を見るのが大好きなひきこもりの青年の部屋にあった大きな本棚は青年の後頭部…脳天を直撃し、即死した。

「もう一度言うけどね、安全なんて何処にも無い。日本の安全神話なんて所詮そんなものなんだよ」

人間なんて驚くほど生き、呆気無く死ぬ。
人間の死亡率は生まれた時点で100%なのだから。


END.


10/06 19:51

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

悪党

【In this case, or who the villain here?】


11日午前8時35分ごろ、K市K区M町、S第7団地の住民から「男性が刺されている」と通報があった。
駆け付けた警察署員が、73号棟1階の通路で背中から血を流して倒れている男性を発見。
「犯人はヤス」の言葉を残した。
男性は2階に住むLさん(32)で、約30分後に搬送先の病院で死亡。
署員が調査を進めたところ、この棟の5階に住む無職の男Y(76)が「わしがやった」と供述。
台所に血のついた包丁があったため、同署は******人未遂の疑いで現行犯逮捕。
容疑を******人に切り替えて調べる。
同署などによると、男はLさんを蹴るなど暴行を加えた後、包丁(刃渡り16.5センチ)で背中を繰り返し刺したという。
男は動機について「何も知らない」などと供述している。

「あなたはすごい悪党ですね」

死神、Navy(ネイビー)は死者に向かって呟いた。

「そうかい?死神のあんたよりかはマシだと思うがねぇ」

死者…Lさんはガハハと豪快に笑う。

「だってそうでしょう。あなたは罪の無い人間に罪を着せて死んだんですから」

「その俺の命を断ち切ったのはあんただろう?」

「ええ、残念ながら鬼籍にあなたの名前が載ってましたんで」

「それにしてもYは何故「わしがやった」と供述したんだろうな?」

「Lさん…あなたが脅迫したんでしょう?」

「さてどうだったかな…」

「とぼけないでくださいよ。わざわざ血のついた包丁までYさんの台所に設置したのは他でもないあなたじゃないですか」

「ふふっ」

「何がおかしいんです?あなたは一体誰を…何故本当の犯人をかばったんですか?」

「簡単なことさ。俺も脅迫されていたからね」

「一体、誰に」

「裏の世界の住人…とでも表現すればいいかな」

「ああ、ヤク」

「おっとそれ以上は言わない方がいいぜ。なんせあいつら死神でも消せるからな」

「そりゃ物騒だ。自重しよう」

「なあ、この場合一体誰が悪党なんだろうな?」

死者は何処かぼんやりした視線で死神のNavyを見つめる。
Navyはしばらく空を仰いだ後、

「死神じゃないですかね?」

と答えた。


END.


09/11 18:43

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

クロスカウンター

目には目を、歯には歯を。
拳には拳を。

「ハムラビ法典」という言葉を一度位は聞いたことがあるだろう。
【目には目を、歯には歯を】で知られるバビロニアの王ハムラビ(ハンムラビ)が発布した法典である。

ある二人のプロボクサーがいた。
その二人は極端に仲が悪かった。
顔を合わせれば睨みあい、罵りあい、いがみ合っていた。
見かねた友人達は、二人が仲良くなるようにと、仲が悪い二人を飲み会へと誘った。

案の定、というか。
二人は顔を合わせるや否や、口汚く罵り合い始める。
友人達は仲の悪い二人を何とか落ち着かせ、飲み会だから乾杯しよう!と提案した。
ビールの入ったジョッキを握る。
「それでは」の言葉の後に訪れる、数秒間の沈黙と緊張した空気。

「乾杯」

の瞬間、大音響が響き渡った。
何が、起きた?
呆気に取られる人々。
床に零れ散るビールとジョッキの破片。
倒れる二人のプロボクサー。
そこでようやく何が起きたのか理解した。
クロスカウンター。
両者が正対しているとき、相手の打撃に相前後して相手の顔面に打撃を加えるものである。
両者の腕が交差することになるため、この名がついたとされる。
成功すればダメージが大きい(相手の打撃力を使える為)が、タイミングが合わなければ失敗するリスクも高い。
仲の悪い二人は、ジョッキを持ったまま同時にクロスカウンターを繰り出したのだ。
さながら地獄絵図のようだった。
すぐに救急車が呼ばれたが、なにしろジョッキが割れる勢いで思い切り殴りあったのだ。
治療の甲斐なく仲の悪い二人のプロボクサーは死んでしまった。

「君達は本当に不思議な人間だな」

死神Navyはもの珍しい顔をして二人のプロボクサーを見つめる。

「死んでから仲良くなるなんてね…」

そこには、仲良く腕を組んで笑いあう死者達がいた。

「なかなかやるじゃねぇか」

とお互いの目が訴えていた。

END.


07/30 17:57

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

残酷

ある生者と、それを見ている死神Navyの話。

「命は皆平等で大切だ、そうは思わないですか」

その青年は合コンで生命について熱く語る。

「はあ…」

周囲はどう反応していいか分からず、ただ呆気に取られている。

「今、こうしている間にもたくさんの捨て犬や捨て猫が保健所で処分されているんだ。可哀相だと思わないか?」

酒も入ってきて青年は更にヒートアップし始める。

「増えるのが困るなら去勢手術なりなんなりしろって話だよ。ネットでも色々呼びかけているのを時々見るけど、写真見ると心が痛むぜ、本当に…」

死神、Navyはそんな青年を何処か冷めた目で見つめている。
合コンはやがてお開きになり、青年はじゃあなと笑って車の運転席に乗り込む。

「命を語る青年が飲酒運転…か。心が痛むねぇ」

死神は嫌悪の表情を浮かべ、皮肉な言葉を口にした。

「今、青年が運転してる間にもたくさんの蟻が彼の車に轢かれているんだ。可哀相だと思わないか?」

車はふらふらと蛇行運転を始める。

「命は大切だと言うその思想には好感が持てるのは確かだが…ね。平等と言うなら何故蟻を踏みつぶしても心が痛まないのか俺には不思議でしょうがないよ」

死神は肩をすくめる。

「ああ、それになにより命は大切だと言う奴に限って自分の命は大切にしないのだな」

キキィー!!ガッシャアアアアアアアアアアアアアアンッ!!

「命の大切さ云々より、飲酒運転は駄目絶対と自動車学校で教わらなかったのかね、若者よ」

そして青年はバラバラになった。


END.


06/09 18:04

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

灰色さん、こんにちは

塗り潰したくなるような小さな世界で
霞んで消えゆく君を追いかけた
転んで汚れてもいい
ただひとつだけ

「夢」を見捨てないでくれないか?

灰色に色褪せた写真
眺めながら溜め息ひとつ
あの日あの頃好きだった君は
手の届かない雲の上のひと
去年結婚したと風の噂で聞いた

初恋の人は今何処に

塗り潰したくなるような小さな世界で
諦めたくなる現実を知った
転んで立ち上がれなくなる位に
ただひとつだけ

「絶望」にだけは染まらないでくれないか?

塗り潰したくなるような小さな世界で
霞んで消えゆく君を追いかけた
転んで汚れてもいい
ただひとつだけ

「希望」だけは捨てないでくれないか?


04/10 19:54

この記事を 編集・削除

[公開] []

コメント(0件)

aggressive!!

ほら 肩の力抜きなよ
窮屈な満員電車に揺られるだけの人生とはサヨナラしたいんだろう?
他人の真似をするのはもう沢山だと
声高らかに宣言したのは他でもない 君なんだろう?
毎日 アイツはかっこ悪い奴だと欠点つっつきあってる奴らは放っておけばいいさ
第三者から見れば欠点つっつきあう奴らこそ最高に『悪』(カッコワルイ)もんだ
もっとアグレッシブに生きて行こうぜ
ついて行けないなら置いてくだけさ
お荷物は軽い方がいい

君の人生は最高に輝いているぜ
もう少し自信持っていいんだよ
証人は俺だ
邪魔をするならなぎ払えばいい

君の人生は決して無駄じゃないぜ
全ての事柄には意味があるんだよ
証人は俺だ
邪魔をするならブチ破るまでさ

乱暴者と罵るなら罵ればいい
暴言はいつか自分に戻ってくるぜ
覚悟しろよ

君の心は決して弱くなんかないぜ
我慢するくらいなら吐き出せばいい
味方は俺だ
邪魔をするなら蹴り破ればいい

君の心は最高に綺麗だぜ
泣きたい時は泣いたっていいんだ
味方は俺だ
邪魔をするなら全て切り裂いてしまおう

下劣な野郎だと罵ればいい
喜んで相手してやるぜ
拳でな

君の心は最高に輝いているぜ
もう少し自信持っていいんだよ
味方は俺だ
邪魔をするならぶっ飛ばしゃいい

君の人生は決して無駄じゃないぜ
全ての事柄には意味があるんだよ
味方は俺だ
邪魔をするなら全て壊してしまえば問題ないだろう?


12/07 20:50

この記事を 編集・削除

[公開] []

コメント(0件)

大罪

どうか俺の名前を呼ばないで下さい。
どうか俺に触れないで下さい。
どうか俺を見つめないで下さい。
どうか俺を愛さないで下さい。

俺はあなたに愛される資格など持ち合わせておりません。
だから、どうか。

「何故、そう思うのだ?」

黒い特攻服姿の奇妙な男は問うた。

「俺は大きな罪を犯しました」

白衣の男は特攻服姿の奇妙な男に答えた。
2人の男。
白と、黒。
黒の男が白の男に問うた。

「罪、とは?」

「俺は大きな罪を犯しました。 ******です」

白の男が黒の男に答えた。

「一体誰を******したのだね?」

「沢山。 数え切れないほどの人を」

「何故? どうやって」

「俺は医者でした。 沢山の命を救う、医者。 だけど、俺は患者を******した」

白衣の男は訥々と語り出す。

「もう助からないと思ったから。 だから安楽死させた。 沢山、沢山…」

ある日医者はある女性患者に出会った。
女性患者は白衣の男に恋した。
いつしか女性は白衣の男を愛した。

「だけど、その女性患者は死んだ。 俺がこの手で******したんだ…!」

助からないと思ったから。
自らの手で安楽死させた。
だが、皮肉な事に。
その女性が死んでから、その病気の特効薬が開発された。

「俺は事故死に見せかけて患者を******したという罪で死刑になった」

「そして私に会った…という訳ですね」

黒い特攻服姿の奇妙な男は呟いた。

「改めまして、どうもこんにちは。 私は…」

黒い特攻服姿の男は誰よりも優しく微笑んで言う。

「私の名前は『Navy(ネイビー)』。 私を定義するものは何もないが、人間の言葉で言うところの死神…という奴です」

END.


追記:最近BlogTown重いよ。
しかも書きたい言葉が何故か伏せ字になるのは仕様ですか?
何でもかんでも禁止ワードを増やして制限して伏せてしまうと虚構の小説を書くのに困ると思うんだけどなぁ。
…ここの更新止めようかな。
使いづらくなってきたし。


11/27 17:02

この記事を 編集・削除

[公開] [「Navy」]

コメント(0件)

冬の入り口で

ひっきりなしに鳴くPhone
今日も街の何処かでHorn
立ち止まる暇は無い
気が付きゃ置いてかれる
師走 何かし忘れた事はないかい?

温かさを思い出す季節に
1人でも 2人でも 笑顔になればいいと感じる奇跡
忙しくても 忘れないでいて
優しさと 君に差し出される手があることを…

とめどなく流れる 音
今日もスイッチを入れる On
毎年流れる安い
ありきたりのラヴ・ソング
師走 何かし忘れた事はないかい?

温かさを思い出す季節に
1人でも 2人でも 笑顔になればいいと感じる奇跡
悔しくても 忘れないでいて
優しさと 君に差し出される手があることを…

1人でも 忘れないでいて
優しさと 夢がそこにあることを…


11/19 17:08

この記事を 編集・削除

[公開] []

コメント(0件)



Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Calendar

まえ  2017/12  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
-- -- -- -- -- 01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード