小説

これから

*この物語はフィクションです。

「俺の過去を知っている人物がいた。
それは奇跡と言ってもいい。」
「これからどうするんだ。」
「ギンを探す。
と言いたい所だが、ひとまず葉碧から話を訊こう。」
「話?」
「何故、俺達を尾行していたか、だ。
彼はギンと俺の会話の最中に、タイミング良く出て来た。
尾行していた可能性が高い。」


07/11 18:25

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

Alive.

*この物語はフィクションです。

「少しだけ、昔の記憶を思い出したんだ。
昔の自分は、ギンの言う通り、凶悪な殺人鬼だったよ。」
「嘘だ。キョウは勘違いしてるんだよ。きっと。」
「出来ればそうであって欲しいね。さて、」
俺は葉碧の方へ近づき、顔を覗き込んだ。
「うん、脈拍もあるし、息もしている。生きてるな。」
「そうだ、ユウは」
「大丈夫。眠ってる。」


07/11 09:42

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

*この物語はフィクションです。

「まず、昔の俺は殺人鬼だと奴に言われた。
銀髪の男は自ら『ギン』と名を名乗り、昔の俺は殺人鬼だと言い張った。
俺は死ねない身体だとも言われた。
突然そんな事を言われた俺は当然否定した。
否定した後に、ギンという男は俺をボコボコに殴りつけた。
そこで俺は殺されると思い、パニック状態に陥って、ああなった。」
マサは黙って俺の話を聞いて、ボソリと呟く。
「分からないな。
ギンという男の考えと行動が。」
「だろう。」
俺は頷いた。
「しかも、キョウがパニックになったのも謎だ。
殴られた位でパニックになるのか?
そもそも、あの時のキョウは全くといっていい程の別人だった。」
「それにはまだ続きがある。」
と俺は言った。


07/10 23:58

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

嵐の後

*この物語はフィクションです。

「一体何が起きたんだ?」
マサは俺に問う。
「分からない。」
「分からない筈は無いだろう。」
「あの後、俺はパニックになって、」
「それは知ってる。
訊いてるのはパニック状態に陥った原因の事だ。」
「それは…」
俺は沈黙した。
何と言って説明したらいいか分からない。
「何を言われたんだ。」
マサは問い詰める。
「記憶喪失になる前の、俺の事だ。」
「何だと?」


07/10 23:43

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

Stop.

*この物語はフィクションです。

パァン!

俺の暴走は突然止まった。
マサが俺の頬をパーでビンタしたせいだ。
「落ち着いたか、キョウ。」
「あ…俺、は。」
「何か分からんけど、お前暴走してた。
ヤバイと思ってビンタした。
ごめん。」
マサは心配そうな顔で俺を見ている。
言葉が詰まって出て来ない。
ギンは殴られた場所をさすりながら、言う。
「また会おう。
伝説の殺し屋、我妻 鏡嘩。」
「違う。俺は探偵だ。」
俺は拒否した。
ギンは微笑って立ち去った。


07/10 21:16

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

Crazy.

*この物語はフィクションです。

「キョウ、止めるんだ。」
微かに声が聞こえる。
この声はマサだった。
マサは俺を『キョウ』と呼ぶ。
気絶していたが、漸く目が覚めたらしい。
歯止めが利かずに暴走する俺は、ギンへの攻撃を止めようとはしない。
「五月蝿ぇ、マサ黙れ。」
俺は完全に別人に変わっていた。
「キョウ、止めろって!」
マサは俺を取り押さえる。
ギンは狂った様に笑う。
いや、実際の所、ギンは既に狂っているのかもしれない。
笑い声が事務所に響く。


07/10 10:57

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

暴走

*この物語はフィクションです。

「っぁぁあ!」
俺はパニック状態に陥っていた。
ギンを殴り飛ばし、言う。
「五月蝿ぇ。黙れ。」
ギンは俺の呟きを聞いて、大声で笑った。
「ハハハハハ!そうだ。
それがお前の、我妻 鏡嘩の本当の姿さ。」
ギンの唇は、殴られた時に切れて、血が流れている。
「五月蝿い。」
俺の暴走は止まらない。
ギンを蹴り上げ、殴り飛ばし続ける。


07/10 10:48

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

No,reason.

*この物語はフィクションです。

前にも一度、こんな事があった気がする。
「ハハハハハ!」
笑う、声。
紛れもなく、それは自分の声で。
「理由だぁ?そんなもの、ねぇよ。」
ニタァと妖しく微笑する自分。
嘘だ。
この記憶は、虚構だ。
「依頼されたから殺すのさ。
それが俺、我妻 鏡嘩だ。」
嘘だ。
嘘、だ。
俺が記憶を喪失する前は、殺人鬼だったなんて。
俺は、信じない。


07/09 22:49

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

No,rule.

*この物語はフィクションです。

一瞬、何が起きたのか分からなかった。
ギンは俺に強烈な蹴りを喰らわした。
気付いた時には、右の横腹に鈍い痛みが走っていた。
「っ、!」
声にならない声。
「ほぅ、自ら身体を引いて、巧く急所を避けたな。」
何を言っているか理解出来ない。
ただ、自分の目の前にいる銀髪の男は、俺に殺意を持っている事だけは、何となく分かる。
「何、故。」
何故俺に攻撃するのだろう。
彼は、
ギンは何が目的なのだろう。
「目を醒ませ。
『本当の』我妻 鏡嘩よ。」


07/09 18:52

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

お前は死ねない

*この物語はフィクションです。

「ひとつ、いい事を教えてやろう。」
ギンは俺に言う。
「お前は死ねない身体だな。」
意味が、分からない。
「どういう、事だ。
さっきから意味不明な事を言うな。」
俺は言い放つ。
「証明してやろう。
失望させるなよ?」
ギンはあの生理的に受け付けない笑いを浮かべた。


07/09 14:39

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Calendar

まえ  2018/8  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
-- -- -- 01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 --
-- -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード