小説

証拠不十分

*この物語はフィクションです。

「実は、俺が釈放されたのは、赤髪の男の死体の傍に、とある物体が落ちていたからなんだ。」
マサはボソッと呟く。
「証拠不十分じゃなかったのかい?」
俺はマサに訊く。
「それは最終的結論に過ぎない。
これは警察官から教えて貰った情報なんスけど、死体の傍に謎の人物の髪の毛が落ちていたそうなんスよ。」
マサは声を潜めて俺に言う。
「謎の人物の髪の毛?」
「そう、加藤でもなく赤髪の男でもなく、俺でもなく、探偵さんでもない髪の毛。
落ちていた髪の毛は銀髪だったんですよ。」
「ぎ、銀髪…それじゃあ老人が殺人をしたと言うのか?」
マサはゆっくり首を横に振った。
「ところがその銀髪は、10代から30代前半の若い年齢の髪の毛だと判明したんですよ。
とにかく、その謎の銀髪が落ちているという事は、他の誰かが殺人をしたとして、俺の容疑を外したみたいなんスよ。
で、結論として…」
「証拠不十分、か。」
俺は呟いた。


10/06 08:04

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

Who?

*この物語はフィクションです。

「何と言ったらいいのか複雑な心境だけど、とりあえず釈放おめでとう。」
俺はマサに言う。
「何と言ったらいいのか複雑な心境だけど、有り難うございます。」
マサははにかんで言う。
「…って言っても証拠不十分で釈放されたんスけどね。」
「証拠不十分?」
ユウは首をかしげた。
「マサ、ちょっと待て。
状況を簡単に整理してみよう。
マサとユウと俺の3人で加藤君が本当に殺されたのか確かめに行ったよな?
そこで、加藤君の死体と、何故か赤髪の男の死体を発見した。
赤髪の男は、加藤君を殺していた。
それを目撃したのがマサだった訳だ。」
「うん、大体そんな感じ。」
「では、マサは何で容疑をかけられ捕まった?」
俺はマサに尋ねる。
「加藤と赤髪の男を殺した容疑。
俺は2人とも殺してないと主張した。」
マサはしっかりとした口調で言う。
「マサは加藤君が赤髪の男に殺される所を目撃している。
よってマサの証言を信じるなら、加藤君を殺したのは赤髪の男。
では、赤髪の男を殺したのは誰だろう?」


10/06 07:39

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

マサ釈放

*この物語はフィクションです。

ピンポーン
探偵事務所に電子音が響く。
来客を告げる音。
俺は立ち上がり、事務所のドアを開ける。
「うぃっす。」
そこにいたのは3日前に警察に連行されていったマサだった。
「マサ、釈放されたのか?」
俺は笑顔を浮かべてマサを出迎えた。
「釈放っていうか何て言うか…まぁとにかく容疑は晴れたんスけどね。」
マサははにかんだ。
「少し、その事について話をしたいんだけど。」
俺の申し出に、マサは喜んで応じた。


09/23 16:13

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

優しい心

*この物語はフィクションです。

やがて救急隊員と警察官が現場に駆けつけたが、案の定2人は既に死体になっていた。
俺は大方の事情を警察官に話したが、マサは容疑者として警察署へと連れて行かれた。
そして俺とユウは事務所へ戻った。
「なぁ、ユウ姉さん。」
「何?」
「マサは」
「大丈夫。きっと戻って来るわよ。
だって、彼は…優しい心の持ち主だもの。」
ユウ姉さんは、優しく笑った。
「証拠はないけどね。」
ユウ姉さんは悪戯っ子のようにペロリと舌を出す。
俺は姉さんに釣られるように微笑むと、
「だよな。」
と言う。
それから3日という月日が流れた。


09/15 12:20

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

2体

*この物語はフィクションです。

「なんじゃこりゃあ。」
太陽に吠えた。
俺は濃い顔で松田優作になりきった後、沈黙したままマサの顔をチラリと見る。
「こ、これは…」
マサは青ざめた顔をしている。
腰が抜けたらしく、ペタンと座り込んでいた。
俺の必死のギャグに気付く事はなく、ガタガタと震えている。
無理もない。
マサは死体を見るのは初めてなのだ。
「マサ。ここで死んでいるのは加藤君だね?」
俺はマサに確認する。
マサは声も出ないらしく、無言で首を縦に振った。
「ふむ。となるとこっちは例の赤い髪の奴だな。」
俺は淡々と言う。
俺とマサの前、リビングには2体の死体が転がっていた。
1体は加藤の死体。
そしてもう1体は赤い髪の男の死体が胸を刺されて仰向けに倒れている。
「マサ。」
俺はポケットから携帯電話を取り出し、マサに投げ渡す。
「警察と…多分手遅れだけど救急車を呼んでくれないか?」


09/11 13:21

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

部屋の中に

*この物語はフィクションです。

3人はそのままの姿勢で硬直していたが、マサはフッと身体の力を抜く。
「誰もいないみたいだな。
物音ひとつしない。」
「ああ。だが油断するなよ。」
「これからどうしたらいい?」
マサは俺に質問する。
「部屋の中に入ってみよう。
マサは俺の後について来てくれ。
ユウ姉さんはそのままここで待機。
15分以上経っても俺とマサが出て来ない時や、何かあった時はすぐに警察に連絡してくれ。
あ、出来るだけドアから離れて。2メートル位。OK、姉さんはそこに待機。」
「分かったわ。」
ユウ姉さんは頷く。
「よし、行こう。」
マサは言った。
ユウだけを残して、2人は部屋の中へと足を踏み入れた。


09/11 13:01

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

Open the door.

*この物語はフィクションです。

小さくとも小綺麗なアパートがそこにあった。
俺とユウ姉さんとマサの3人は、小さなアパートの入り口で、少し会話をしていた。
「ここが君のアパートであり、事件現場…だね?」
俺はマサに確認した。
「ああ。」
マサは短く返事すると、ついて来いと合図する。
3人はアパートの階段を昇って、マサの部屋の前に立った。
「じゃあ、開けるぞ。」
マサは鍵を開け、やや緊張した面持ちで俺とユウに言った。
「OK」
俺はマサにOKサインを出した。
「せぇーのぉっ!」
マサは掛け声と共に、バァンと勢い良くドアを開ける。
静寂が広がった。


09/10 21:27

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

Go.

*この物語はフィクションです。

「よし、じゃあ行ってみよう。」
俺は言った。
「行くって何処に行くのよ?」
ユウ姉さんは俺に訊く。
「事件現場。」
俺は即答する。
「やめた方がいいと思う。」
マサが止めた。
「もしまだあの赤い髪のアイツがいたとしたら。」
「いないと思うね。俺は。」
俺はまた即答した。
「考えてもみろよ。
昨日の今日だ。
丸一日気味の悪い死体と一緒にいるはずがない。
既に逃げている確率が高いね。
ましてや、マサという目撃者がいる。
俺なら当然、逃げるか…もしくは目撃者であるマサを消すね。」
「消すってまさか…」
「うん、既に今、君の身も危険である可能性もあるんだ。」
「そんな…」
「マサ、君はこれから何人かと一緒にいた方がいい。
少なくとも2人以上は一緒に居て欲しい。
そして…俺は本当に殺人があったのかどうか、事実を確認してみたいんだ。
できれば、一緒に来て欲しい。」
マサは暫く黙りこくっていたが、やがて
「分かった。」
と言って頷いた。


09/10 18:00

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

赤髪

*この物語はフィクションです。

「昨日、俺は仕事が終わって、家に帰って来た。
部屋のドアを開けた瞬間、何かドタドタッていう大きな音がしたかと思うと、加藤の叫び声が聞こえた。
そして中に入って見てみると、加藤が刺し殺されていたんだ。」
マサは昨日の事を思い出したのか、怯えた表情を浮かべている。
「ちょっと待て。それじゃ君は犯人の顔を…」
「ああ、しっかり見たさ。」
マサは真っ青な顔で震える。
「忘れもしないさ。
そいつは赤い髪をしていた。」
「あ、赤い髪?」
「血のような真っ赤な色だった。」
「間違いないのか?」
「間違いないさ。嘘くさく思えるけどね。」
「それからどうした?」
「勿論、逃げた。」
「ふむ。加藤君とやらは刺し殺されていたと言ったね?」
「ああ。」
「もう少し詳しく教えて欲しい。」
「赤い髪のそいつは、何度も何度も加藤を刺していた。
勿論、凶器は刃物だった。
加藤の返り血を浴びて、狂ったように笑ってたんだ。
俺は怖くてすぐに逃げた。
全速力でね。そして…」
「道端で震えている所を俺が見つけたって訳か。」
俺はマサが話す、嘘のような本当の話を聞いて、思考を巡らせた。


09/09 20:40

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

ルームメイト

*この物語はフィクションです。

「俺は友人が殺される瞬間を見た。
だけど、俺は友人を見殺しにした。」
マサは淡々と語る。
「ちょ、ちょっと待て。
それはいつの話だ?」
俺は話を中断させ、マサに訊く。
「昨日の話だ。」
「「き、昨日!?」」
俺とユウ姉さんはほぼ同時に言う。
「一体、何処で殺人を目撃したんだ?」
「アパート。友人と家賃を折半して、一緒に暮らしてた。
いわばルームメイト。」
「友人の名前は?」
「加藤 哲(かとう てつ)。
俺と同い年で、とてもいい奴。」
「ふむ。その加藤君とやらが殺される瞬間を見たと言うんだね?」
「そうだ。」
マサは頷いた。


09/09 07:38

この記事を 編集・削除

[公開] [小説]

コメント(0件)

←1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Calendar

まえ  2018/7  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 -- -- -- --
-- -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード