短編小説

パラノイア

*この物語はフィクションですって表記しないといけないのかよ。
面倒くせぇな。
毒舌全開ダークな物語だから嫌なら戻れよー

「人は些細な事から殺人にまで発展するものなのよ」

と誰かが言ってた気がする。
今となっては誰だったかはもう思い出す事すら出来ない訳だけど。
その言葉にすら殺意を覚えるね。
頭狂ってんのかな。
うん、狂ってるな。
つまるところ俺は今日、ある人に殺意を抱いた。
相手は初対面でろくに名前も知らないけど。
覚える価値すら無いでしょう、名前なんて。
所詮、名前なんて人間が作った記号の塊。
生まれたら名前をつける親。
死んだら死んだで戒名なんて大層な名前を坊主が付けるんだぜ?
勿論、仏式の場合に限るがね。
人間、死んだらただの肉塊。
腐り行く死体や白骨の抜け殻に名前など要らないだろう?
閑話休題、脱線し過ぎたな。
そいつは何処にでもあるスーパーマーケット内で起きた。
あえて名称等は伏せさせて頂く。
だって、名前なんて人間の作った記号の塊に過ぎないのだから。
ひらがなで表記すると4文字、漢字混じりだと3文字だな。
万引き。
ホント、死ねばいいと思うよ。
何処かの偉い学者さん達が書いた犯罪心理学っていう本には鬱だ精神障害だ家庭環境がどうとか色々書いてあるけど、端的に言えば頭狂ってんだろ?
万引きって言うと罪が軽く思えるけど、言い方変えれば窃盗にあたるんだぜ?
とち狂ってんなら病院に行けよ。
と、声を大にして言ったら俺の方が病院に連れて行かれかねんのな。
理不尽だよね、この世界。
いや、日本と言った方が正しいのか。

「俺は安易に万引き犯を警察に突き出さない」

って店長は言うのだけれど。
果たしてそれは正論なのかと。
少し、いやかなり首をかしげちゃう訳だ、俺としては。
いや、子供が出来心でやったとか、反省してて更生する余地がある奴ならまだいい。
まだ許せる。
『今日の』万引き犯はババアだぞ?
悪い、暴言だったか。
オホン。
その万引き犯はお年を召された淑女でした。
とでも言えば満足かい?
そいつは今まで何度も何度も万引きを繰り返した…いわゆる、常習犯。
反省のはの字も書けないほどのDQNな訳だ。
何、DQNって何かだと?
意味としては『大馬鹿』程度に留めておくといい。
で、そのバ…淑女は偉そうに言うんだよ。

「お金払えばいいんでしょ!?」

俺から言わせればハァ? だね。
『ゴメンで済んだら警察要らない』って言葉も知らないのかと。
その時点で俺はもう殺意全開なんだけど。
右手を振り上げ、事務所の机がへこむ勢いで振り下ろす。
雷が落ちたような轟音と後に来る静寂。
殺意ってのは日常に転がってるもんなんだな。

「そういうことじゃあ、ないんだよ」

かさかさに乾いた唇が、言霊を吐き出す。
その言葉すらも念仏。
馬の耳に念仏。
正確に描写すると豚に念仏だけど。
で、突然だよ。
その淑女は突然立ち上がって、椅子に座った俺をありったけの力で突き飛ばすと、あろう事か逃げやがった。
不意を突かれた俺は一瞬何が起きたか分からなかったが、とにかく逃がすまいと後を追う。
ところが、だ。
バ、淑女は意外に足が早いの何の。
くそっ、こんな事なら学生時代の部活は剣道じゃなくて陸上にすべきだったかと後悔する。
走りながらも俺の思考は高速回転する。
もし、捕まえたら俺は一体その万引き犯をどうするのか?
とかね。
警察に突き出すのも1つの方法だろう。
だが俺の思考は一般人のソレとは僅かに歪んでいた。
ああ、殺してしまおうか。
と。

前を走る淑女が飛んだ。
文字通り、飛んだ。
その淑女は魔法使いではない。
だが飛んだのは事実だ。
脳味噌の処理が一泊遅れた。
何が起こったか把握するのに5秒かかった。
轢かれたのだ。
いわゆる、交通事故?
すぐに救急車と警察が呼ばれたが、バ…淑女は即死だった。
頭の打ち所が悪かったらしい。
警察に事情聴取されたのは、何故か俺。
ありのままに話しましたとも。
『万引き犯に逃げられそうだったから追いかけていたら突然轢かれました』とね。
で、万引き犯を轢いた奴ってのが恐ろしい事にDQN。
飲酒運転の上に信号無視して、万引き犯轢き殺して逃げたんだってよ。
勿論、轢き逃げ犯は逮捕。
天罰ってあるもんなんだな。

じゃあ、そんな人々に簡単に殺意を抱く俺にもいつか天罰が下るのかな?
俺だって、名前も知らぬ誰かに殺意抱かれてるのかな?
あー…死ねばいいのに、俺。

END.


04/12 08:36

この記事を 編集・削除

[公開] [短編小説]

コメント(0件)

←1 →



Sponsor

Menu

WriterProfile

Juggler-R

Calendar

まえ  2018/7  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 -- -- -- --
-- -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード